FM芝屋とは?

FM放送技術放送研究会(通称:FM芝屋)は、芝浦工業大学文化会に所属するミニFMラジオ局です。 芝浦工業大学学生プロジェクトの2007年度プロジェクトして採択され、2007年度後期より活動を開始、 2008年度にサークルとなりました。

FM芝屋は主に技術局・アナウンス局・制作局の3つの局で構成され、スタッフはいずれかの局に所属しています。 各局のスタッフ数人で班を構成し、ラジオ番組の作成を行っています。 完成した番組は平日(月曜日~金曜日)の昼休みに通常放送として88.0MHzで放送しています。

オープンキャンパスなどのイベントでは公開生放送を行い、イベントに合わせた番組をお届けしています。 11月に3日間かけて行われる芝浦祭では3日間連日生放送をしています。

「FM芝屋」の名前の由来は、芝浦工業大学の学園祭「芝浦祭」の最終日に行われるライブイベント「芝屋」です。
FM芝屋(FM-Shibaya)を略してFMS(エフエムエス)と呼ぶことも多いです。

局紹介

FM芝屋は主に4つの局、アナウンス局・技術局・制作局・企画局から構成されています。
アナウンサー、技術、制作が協力して1つの番組を作り上げています。
各局のゆかいな仲間たちはコチラ

アナウンス局

ラジオ番組の顔であるアナウンサー、パーソナリティ!!
つまりラジオ番組で情報を伝える人です。
よりよい番組をリスナーに提供しようと日々発声練習を行っています。

技術局

収録や生放送の時にミキシングをし、番組を電波にのせる仕事をしています。
アナウンサーの声や楽曲などを交え良い音作りをし、電波にのせられるか音質をチェックし、リスナーに番組をお届けします。
FMラジオを放送するうえで重要な技術を取得、向上させるよう日々活動しています。

製作局

番組の企画や台本作りが主な活動。本番中はネタを書いたり、時間を測ったり…
特に生放送でのタイムキープ重要な役割です。
番組全体のリーダーとしてアナウンサー、技術に指示を出します。
またイベント時の番組の編成や楽曲の管理も行っています。

企画局

広報やイベントの企画を行っており、web班とデザイン班の2つの班に分かれています。
web班はHPの作成、twitterやブログの管理を行い、web上での広報に力を注いでいます。
デザイン班はポスターやチラシ、web用素材、Tシャツのデザインなどを担当しています。