Day13.earth

今の地球の話をしよう。私がこうして、ほとんど地球から逃げている理由を。

空気中には数年前からウイルスが混ざっているようになった。それは地球上のどこにいても必ず呼吸の時に吸い込んでしまう。だから、感染者は地球上の人間全員ということになる。これから生まれる子も、どんなに保護しようと、遺伝的に受け継がれているので、改善方法は治療薬を開発するしかない。

このウイルスは、感染したらすぐに発症するものではない。心に持つ「愛」という感情に反応して、初めて発症し、発症したら数日で死んでしまう。人間のほとんどがその感情を持っていたため、人口は急激に減った。政治を行う人も、人の病を治す人も、コンビニで働く人も、席替えで一喜一憂する人も、公園で水遊びをしている人も、みんな同じように人間で、愛する感情を持っていた。だから、死んでしまった。この地球に残されたのは愛を知らない人間だけだ。

「どこの国が発生源だ」とかを突き止めようと議論をしても、何も始まらない。それでは結局何の解決にもならない。でも、誰かのせいにしたくなるのも分かるつもりでいる。そうでないと、暮らしが続いていかないからだ。

愛する感情は感染していく。自分がそういう気持ちを持っていなくても、相手から貰った時に、自然と芽生えてしまう。親も子も、すぐに発症するし、治ることはない。人間という種の存続のために、人工的に妊娠した女の人は、子の顔を一度も見ることなく、元居た生活に帰される。最近では人工的に人間を作り出す研究がされているという噂も聞いた。教育期間では、未熟な子どもたち同士の接触を避けるためにオンラインで授業が行われたり、愛は精神感染する恐ろしい感情と、学校では教わったりするらしい。

地球は、この異常な日常に慣れ始めてしまってきた。あなたが住んでいる今の地球はどのような様子だろうか。